2014年9月28日 星期日

認識棋手__中村亮介五段

指導棋開始前/指導対局開始前

(お手数ですが、日本語版をご覧になる方は
    中国語の部分を飛ばしてください。)


日本棋聯盟台北分會於2014年8月2日請來職業棋手,橋本崇載八段與
中村亮介五段進行一個下午的指導棋,
眾棋友在兩位老師用心指導下度過了一個難忘的下午。

這次介紹職業棋手的文章拖了很久才開始動筆,請讀者見諒。
這篇要介紹的是中村亮介五段,橋本崇載八段的介紹請看另一篇
(點我看中村老師的簡歷)   (點我看指導棋活動報導)

中村老師在職業棋界的成績雖然不若頂尖棋手亮眼,
卻也有為人津津樂道的事蹟。

中村老師曾經在雙方思考時間各六小時的排名賽遲到1小時57分。
由於遲到方的思考時間必須扣除遲到時間之三倍,
該棋賽中村老師的思考時間只有9分鐘。
儘管下棋不是時間少就不利,但時間不足的確不易應付各種突發狀況。
然而,中村老師最後仍在這極不利的條件下獲勝,思考時間還有3分鐘未使用,
可見其實力堅強,應變能力高超。

另外,中村老師也是職業棋界少見的兄妹檔棋手,
其妹妹中村桃子是女職棋手,也曾來過台灣。
兩人都喜歡下將棋,而且男的帥,女的美,想必羨煞不少棋迷。

中村老師有職業棋手一貫的親切態度,
臉上更是隨時掛著燦爛笑容,讓人覺得很好親近。
不過老師的指導棋可是不會放水,
當天中村老師僅輸了一局讓六子局,
其他棋局給了眾位棋友嚴厲的鞭策。
筆者挑戰讓角,過程中老師的攻守穩健有致,
逼得我進退兩難,只得硬著頭皮進攻,
結果雖然因時間關係沒能下完,
但筆者已經失了步兵與大勢,結果不在話下。

希望如此開朗親切的棋手能再次來台指導,
也許下次台北支部能邀請到中村兄妹喔,敬請期待。

以下是筆者對中村老師做的簡單訪談:

Q. 請問您為何開始下將棋?
A. 父親教我下將棋,跟妹妹同一天學。

Q. 請問您喜歡/擅長什麼戰法?
A. 振飛車,四間、三間飛車

Q. 您喜歡的棋子是什麼?
A. 馬。

Q. 您的棋風如何?
A. 強健有力、厚實穩重

Q. 情問您對將棋方面感到印象深刻的事情為何?
A. 三段循環賽差一勝就能升段的時候,
因為對奕很想睡,
於是在眉毛之間塗了山葵。

Q. 您的興趣是什麼?
A. 游泳(蛙式)。

Q. 喜歡的不愛吃的食物是什麼?
A. 水產類/沒有

Q. 這次是您第一次來台灣,請問您對台灣的印象如何?
A. 是第一次來。治安很好,食物走健康風格,印象很好。

Q. 最後,請向各位棋友說句話。
A. 我妹妹比我有名氣多了,不過我會加油。
請大家熱心關注我的表現。


(本篇完)

-------------------------------------


-------------------------------------


シリーズ  あの棋士のことを知ろう
中村亮介



日本将棋連盟台北支部は201482日にプロ棋士の
橋本崇載八段及び中村亮介五段をお招きし、
午後から夕方まで指導対局を行いました。
先生のお二方の丁寧なご指導のおかげで、
支部メンバーたちが心に残る一時を過ごせました。

この度はシリーズ文の執筆がかなり遅くなってしまい、すみませんでした。
本文は中村亮介五段の紹介文になります。
橋本崇載八段については別途ご紹介いたします
(中村先生のプロファイルはこちら)   (指導対局の様子)

中村先生がプロ棋界での実績はトッププロより目立っていませんが、
やはり注目される話があります。

中村先生は持ち時間各六時間の順位戦で1小時57分遅刻したことがあります。
遅刻した方の持ち時間は遅刻時間の三倍を引かれるルールによって、
中村先生はその対局の持ち時間が僅か9分となりました。
将棋は持ち時間が少ないほど不利だというわけではありませんが、
やはり時間が足りないと様々な突発状況に対応しにくいのです。
しかし、中村先生はこういう極不利な条件で勝ちを収めたことに加えて、
持ち時間を3分残しまして、その実力の高さと駆け引きの凄さを見事に見せました。

また、中村先生はプロ棋界でも珍しい兄妹棋士の一員になります。
その妹の中村桃子も女流棋士であり、台湾に来たこともあります。
お二人とも将棋が好きで、イケメンと美人ですし、
さぞ多くのファンを羨ましく思わせたことでしょう。

中村先生はプロ棋士の一貫とした親切さを持っているだけではなく、
いつも明るい笑顔を見せますから、とても親しみやすいと思われます。
ただ、先生は指導対局で手加減をしません。
当日中村先生は六枚落ちの対局一局だけ負けまして、
その他の対局ではいずれもファンに厳しい指導をしてくださいました。
筆者は角落ちに挑みましたが、先生に穏やかでしっかりとした攻防を見せられて、
手詰まりしそうとなって、無理に攻めざるをえない状況に陥りました。
結局、時間の関係で指掛けとなりましたが、
すでに筆者は歩と形勢を損ねましたため、対局の結果は言うまでもないでしょう。

これほど明るくて親切な棋士が再び台湾に
指導しに来てくださることを切に願っています。

もしかしたら、今度中村兄妹に来ていただけるかもしれませんよ。
どうぞお楽しみに。


以下、中村先生に対する簡単なインタビューを掲載します。


Q. 将棋を始めるきっかけは何ですか。
A. 父親に教わりました。妹と同じ日でした

Q. 好きな/得意な戦法は何ですか。
A. 振り飛車の四間飛車と三間飛車です

Q. 好きな駒は何ですか。
A. 馬

Q. 棋風はどんなタイプですか。
A. 力強い将棋、手厚い将棋

Q. 将棋で印象に残る話はありますか。
A. 三段リーグであと一勝で昇段するところ、対局前眠かったから、
眉の間にわさびを付けました。

Q. 趣味は何ですか。
A. 水泳(平泳ぎ)。

Q. 好物/苦手なものは何ですか。
A. 魚介類/ありません

Q. 台湾には初めて来られますか。どんな印象をお持ちですか。
A. はい、初めてです。治安がいいし、食べ物も健康的で、
いい印象を受けました。



Q. 最後になりますが、ファンの皆さんに一言お願いします。
A. 妹ばっかり人気がありますが、自分も頑張っていきます
温かくて見守ってください。

(おわり)



--

沒有留言:

張貼留言